【損してる?更新時40倍の料金に?!】.xyz等の安いドメイン、更新料金が高い可能性大!どのように見極めるか順番にお伝えします!

こんにちは、やまかず(@yamakazu001)です。

30代会社員/木村さん
お金あまりかけたくないから、安いドメインでいいよね?

やまむら
ちょっと待って!安さだけで判断するのは危険だよ!

ドメインを取得するとき、ついつい安く済ませようと思って、一番安いのを選びそうになりますよね!実は、将来的に大きな金額を払うことにもなりかねないので、注意が必要なんです。

今日は、ドメイン取得時の正しい料金の見方について、疑問点を解決しながら、じっくりと解説していきたいと思います。

ドメインの料金

世界でひとつ自分だけの名前をつけれるのが、ドメインですよね。ドメインには、色々な価格帯が存在するんです。

『ドメインとは何か?』まだ理解できない場合、こちらからご覧ください。

ドメインは、後方部分で料金が決まってくる

ドメインは、「前方と後方の組み合わせ」で成り立っていましたね。

ドメインとは

ドメインの価格は、この後方部分で決まります。ですので、前方部分は何を指定しても金額は変わりません。後方部分で何にするかで、決まるのです。

ドメインの解説

金額が安いドメインこそ、注意が必要!

例えば、「hoshiidomain」というドメインをつけたい場合、まず下記より検索していきます。すると、安い金額のドメインが、いくつか目に入りましたでしょうか?

hoshiidomain.xyz・・・69円
hoshiidomain.online・・・99円
hoshiidomain.site・・・99円 など

ドメインの安いもの

一番安いドメイン価格は69円ですね。「たった69円でドメインが持てるの!?」って思いましたよね!?これに決定しよう!って思っちゃだめですよ!

30代会社員/木村さん
69円じゃん!これにしよー

やまむら
まだ決めるのは、早すぎるよー!!

はじめに安い金額のドメインって、のちのち高くなる可能性があるんです。それには、注意が必要なんです。

気づかない人が損をしてしまうカラクリ

実は、ドメイン取得時は、安かったのに、更新時にがっつりと料金が高くなるケースがあるんです。すべてのドメインがそれに当てはまるわけではないので、ご安心くださいね。

人って安いと、ついついそれを選んでしまうんですよね。「得した!」と感じてしまうからだし。損をしたくないからこそ、そう心理が働いてしまうんでしょう。

更新時の料金の仕組み

この更新時の料金の仕組みを知らないと、毎年ずっとこの価格だね!と思ってしまうんです。じゃあ、このドメインの更新時の料金はどのくらいになるのか見ていきましょう。

hoshiidomain.xyz・・・取得時が「69円」 ⇒ 更新時「1480円」
hoshiidomain.online・・・取得時が「99円」 ⇒ 更新時「4980円」
hoshiidomain.site・・・取得時が「99円」 ⇒ 更新時「3980円」

ドメインの更新料金

ここまで金額が変わります。この差って、かなり大きくないでしょうか?「.xyz」については、更新時の料金はそこまで高くないですが...ほかの金額がヤバい!!約40倍以上も金額が高くなっています。

ドメインの更新料金

安易に、安いからこのドメインにしよう!とは思わないようにしていきましょう。

プロバイダー契約にも少し似ている仕組み

これは、インターネットのプロバイダー契約にも少し似ているんですよね。はじめの2年間は安く利用できるけど、その後、金額が高くなったりする場合に近いです。

ネット料金の仕組み

30代会社員/木村さん
できれば、損はしたくない...。早く更新料金も知りたい!

やまむら
つぎのチェックをしておけば、のちに高くなるドメインを取得する事にはならないので、大丈夫だよ。

ドメインを選ぶときは、この更新料金の事も頭に入れておきましょう。次の項目から、「更新時の料金までどのようにチェックすればいいのか?」それをお伝えしていきますよー!

ドメインの取得時料金と更新料金をチェックする方法

ここでは、「ドメインの取得時料金」と「更新料金」をチェックしていく流れをお伝えしていきたいと思います。この通りにやれば、結果的に損をしないです。まずは見ていきましょう。

ムームードメインで、取得時と更新時の料金をチェック

まずは、こちらのURLへアクセスしてみましょう。ムームードメイン価格一覧

このページを見れば一目瞭然ですよね、取得時は安いけど、更新時が高いドメインがどれかがわかりますね!※ちなみに下記一覧は一部です、時期により金額の変動がある場合がございます。

ドメインの更新料金

ムームードメインの登録方法についてはこちらから確認できます!

ドメイン取得時と更新時の料金をチェックし、ドメイン取得する流れ

まず、ムームードメインのアカウントを作成したら、さっそくドメインを探していきましょう。

具体的にドメインを取得する流れは、下記に詳しく書かせていただきましたので、ご確認くださいね。

ここでは、シンプルな流れだけお伝えしていきたいと思います。

1ムームードメインのアカウントを作成
ムームードメイン公式サイトへアクセスし、アカウントを作成しましょう。
ムームードメイン登録方法
アカウント作成の詳細の流れは、上記関連記事からご確認いただけます。
2欲しいドメイン名を決める

つぎに、『欲しいドメイン名』を決めましょう。

たとえば、『hoshiidomain』というドメイン名
ドメイン名を決める
3欲しいドメイン名でムームードメインで検索

『欲しいドメイン名』を決めたら、ムームードメインで検索してみましょう。

 ドメインを検索 
4候補を3つほどに絞り、更新時料金をチェック

どのドメインの組み合わせにするか、3つほど候補を決めましょう。

ムームードメインで候補を3つに絞る
その上で、下記URLへアクセスして、更新時料金をチェックしてみましょう。
この場合、3つとも大幅に料金の変化はないことがわかると思います。長くブログを運営することを考え、総合的に判断すると、「.com」を選択するのが、お得だということがわかると思います。
51つに絞り、ドメインをカートに入れて購入する
ドメインの組み合わせが決定したら、カートに入れて、購入しましょう。
ドメインをカートに入れる

この流れでドメイン取得していただければ、損をする確率が大幅に減りますので、ぜひご活用くださいね。

ドメイン更新料金のランキング

わざわざドメインの更新料金のチェック...面倒くさいと思われる方もいらっしゃると思います。その方のために、ドメインの更新料金の安い順ランキングというものを作ってみました。

ドメイン更新料金の安い順ランキングトップ10

現時点での安い順ランキングのトップ10となります。これだと、ひと目でチェックできていいですよね。

ドメイン更新料金安い順

※国名(.us)や地方名(.tokyo)などは含めていません。

ちなみに僕は、基本的に「.com」を選択することが多いです。理由として、ドメイン取得時も更新時もそこまで変動がないし、他のドメインと大差ない金額なら、「.com」のほうが知名度が上だと判断しているからです。

まとめ

ドメイン取得時の注意点を細かくお伝えしてきました。せっかくドメインを取得したのに...実は更新料金が高かったなんてことは避けたいですよね。

そのために、今回は具体例を出しながらお伝えしてきました。いかがでしたでしょうか?

本日のまとめ
  • ドメインは、後方部分で料金が決まってくる
  • ドメイン取得時の料金があまりに安いものは注意点が必要
  • ドメイン取得時には、必ず更新料金も確認しておくこと

今回の内容を参考にして、ぜひ世界でひとつ、あなただけのドメインを取得していただけましたら幸いです。

 

\こちらからアクセス♪/

 

あの人のようなブログが「迷わず作れる教科書」をプレゼント

WordPressでブログを作ってみたい…でも、難しそうだし、どうやるかわからない。一度作ってみたけど失敗してしまった。なぜか『あの人のようなブログにならない…』。

そんなあなたでも、スムーズにブログが作れるようになる
『あの人のようなブログが「迷わず作れる教科書」』
を期間限定特典としてプレゼントしています。

さらに・・・
今回プレゼントを受け取った方には、「ブログを使ってお金を稼ぐ方法」も教えています。

期間限定でお渡しておりますので、ぜひこの機会に手にいれてください。
※特典を手に入れられた方は、メルマガへ登録されます。

.

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事